読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セッションフィルターについて

IT技術者として、時に特定のフィールドからセッションに注意を払う必要があります。Colasoft Capsa9.1はセッションフィルターを提供します。セッションフィルターを利用して、ユーザーアドレスとポート、ロケーション、セッションプロトコル、セッションパケット、セッションコンテンツ、およびセッションオプションに基づき、興味のあるパケットをフィルタリングすることができます。

セッションフィルターを利用して、特定のフィールドからセッションに集中することができます。例えば、アドレスとポートに基づき、セッションフィルターを設定することで、ユーザーはお使いのサーバーまたはお使いのローカルPCからのセッションを監視し、解析することができます。

Capsaセッションフィルターでは、単一条件に基づきセッションをフィルタリングするだけでなく、「And」または「Or」関係で複数条件を結ぶことができます。例えば、アドレスとポート、およびセッションプロトコルに基づき、セッションフィルターを設定することで、ユーザーは特定のプロトコルを利用して、特定のIPからのトラフィックを監視し、解析することができます。

f:id:lanseisei:20160926144000p:plain

Capsaセッションフィルターはセッションビューにだけ影響を与えます。したがってセッションフィルターを設定しても、すべてのトラフィックパケットをキャプチャーします。例えば、大量のトラフィックをキャプチャーしたが、IPアドレス192.168.6.74に関するセッションにのみ興味を持っている場合、IPアドレス192.168.6.74に基づきセッションフィルターを設定することができます。すると、下図のように、192.168.6.74が関与しているセッションだけが表示されます。この後、他の解析のために、このパケットを保存し、リプレイすることもできます。

f:id:lanseisei:20160926144045p:plain

セッションフィルターを作成

利用したい解析プロファイルを右クリックして、「編集」ボタンをクリックします。

f:id:lanseisei:20160926144227p:plain

セッションフィルタータブに移動し、追加ボタンをクリックすることで、セッションフィルターを追加します。

f:id:lanseisei:20160926144230p:plain

Colasoft Capsaお試し版ダウンロードアドレス:http://www.colasoft.com/jp/download/download-capsa-ent.php